うまい鹿肉

HOME>鹿肉を食べるメリット

鹿肉を食べるメリット


鹿肉のメリット

前頁で紹介したとおり、鹿肉には豊富な栄養素が含まれています。

それだけでも相当なメリットになるのですが、鹿肉は牛肉豚肉と比べても、まだ優位性があります。

当ページでは、鹿肉を食べるうえでのメリットを少し掘り下げてご案内します。



栄養素のメリット


まずは鹿肉の優れた栄養素からおさらいしましょう。

おさらい

  • 高たんぱくで低カロリー脂質が低くとてもヘルシーな肉
  • 成分のアセチルカルニチンは、脳機能向上や疲労・ストレス軽減などに効果的
  • 成分の共役リノール酸は、脂肪燃焼、抗酸化作用、アレルギーの予防、疲労回復などに効果的
鹿肉を食べると体を温めてくれて、病気になりにくい体になると云われています。

そして、牛肉・豚肉と鹿肉の大きな違いでまさしくメリットとなる点が以下になります。



鹿肉は農薬の影響を受けていない天然の食材


鹿肉は、人工飼料で育つのではなく、自然の食べ物で育つ為、残留農薬等による汚染に対する心配の必要がありません。

農薬を使って栽培している農産物を鹿が食べに来ると人の手で処分されてしまいます。
皮肉なことに、その鹿肉は、人の手(濃厚飼料)で飼育された食肉よりも健康的で安全な肉です。

農薬の影響については、姉妹サイトで記事にしています。



除草剤散布米はダイオキシン汚染の元凶といわれています。 殺虫剤はネオニコチノイド(人の脳神経系に作用・みつばちの大量死の要因といわれています)が散布され、数年食べ続けると細胞が異変し脳に対して少しずつではありますが、確実に悪影響をもたらします。

参照元 「なぜ農薬・除草剤を使ったらいけないのか」





畜産のお肉と、人工飼料の影響を受けない自然の中で育ったお肉では、どちらが体に良いかは推して知るべしです。

現代人に多いアレルギーや成人病は過剰に人の手が加わった結果ともいえます。
味や価格にさほど違いがないとすれば、天然の食材を選びましょう。


そして、鹿肉のメリットとして最後に登場するのが「味」です。



うまい鹿肉を食べよう!


一言でいうと当サイトのタイトル「うまい鹿肉」になるのですが、いくら体に良いからといっても、美味しくない物を我慢して食べるのは、精神衛生上良くないですし、しいては体によくない結果になりかねないですよね。

フランス料理

フランス料理では高級食材となっているように、鹿肉は本来とても美味しい食材です。

食べた事のない人が「うまい鹿肉」と出会うと、食べる喜びと食の世界がぐっと広がります。

美味しいうえに、健康的でいられるのですから、メリットこの上ないです☆
うまい鹿肉にたくさん出会って、たくさん食べましょう!



さて、ここまで鹿肉のメリットを紹介してきました。
ただ、現実はいい事ばかりではなく、.「うまい鹿肉」もあれば、「まずい鹿肉」もあります。

次ページでは、鹿肉を食べるうえでのデメリットとその解決法を紹介していきます。


鹿肉を食べる上でのデメリットと解決法




おすすめジビエ肉



鹿肉ロース

鹿肉ロース 調理用1kg

霧島連山の野生で育った天然鹿のロース肉です。霧島ジビエは、厳選した個体を猟師から仕入れ、新鮮な状態で届けてくれます。





筆者:うまい鹿肉 和田 監修:大久保


鹿肉ガイド

鹿肉・ジビエについてのアレコレ
鹿肉の栄養、食べ方、効果まで



ガイダンス

うまい鹿肉へようこそ。
当サイトは、昨今広まってきたジビエ肉をおいしくいただく為の情報サイトです。